アロアロウィの「今日は何作ろ?」育児中につき

切って貼って出来上がり!ベビーミトン簡単リメイクでリカちゃんワンピが出来るよ

アバター
WRITER
 
ベビーミトンをリメイクしたワンピースを着たリカちゃん人形
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
節約ママクリエイターのalloallooui(アロアロウィ)です。 モノづくりが大好きなイラストレーター。 だが、今では家計を預かる主婦業、高齢出産で初産ののち、3人姉妹を子育て中の母親業を兼務することになり、節約×時短をテーマのモノづくりが多くなりました。 ママ目線でのアイデアをいれたモノづくり、育児を通しての気づきをアウトプットしていきます!
Pocket

こんにちは!節約ママクリエイターのアロアロウィです。

 

今日は、使わなくなったベビーミトンを使って出来るリカちゃん人形の服を紹介します。

 

ベビーミトンってほんのわずかな期間しか使わない割には案外沢山ありませんか?

 

私は洋裁をするので、何かの部品として使えるかも!と思ってベビーミトンを在庫布としてストックしていたんですが、とうとう日の目を見ることができました。

 

今回はミシンもいらなきゃ針と糸もいりません!切って貼っておしまい!

 

子供が指くわえて見ている前でもあっという間に出来てすんごくスッキリしますよ。

 

じゃ、早速作ってみましょう!

 

ベビーミトンを使ったリカちゃんのお洋服の作り方

 

用意するもの

赤ちゃん用のミトンは新生児用くらい小さい方がいいです。

  • ベビーミトン
  • 裁ちばさみ
  • マジックテープ(100均で売ってるやつで大丈夫)
  • 布用ボンド

作り方

1 まず、ミトンの3箇所を切りましょう。

 

切り方は、参考画像のように、丸く切ってもいいし、厚手で切りづらいならハサミの先でチョンと切ってもいいです。

頭、腕を入れる箇所になるので、片サイドは縫い目に沿って切り開いておきます。

 

実際に切って見るとこんな感じです。

 

 

 

次に実際にリカちゃんの頭が入るかどうか、入れてみて通らないようならさらに切り込みを入れます。

ベビーミトン服にリカちゃんの頭を通している画像

 

三女がワクワクしながら傍で見ているのが可愛い。

よいしょ!

頭をいれてみると、生地が伸びるのでちょっとの切り込みで通りました。

 

 

 

 

2 切り開いたところにマジックテープを布用ボンドでくっつけます。

マジックテープを布に貼り付けた図

今回は、100均で買っておいた正方形のマジックテープがあったので、細長く切って貼りました。

 

 

はい!これでおしまい!

 

3歳児もひとりでリカちゃんに着せることが出来たよ

頭と腕を通して、ミトンワンピの横にあるマジックテープをくっつけるだけなので、3歳児(なりたてほやほや)でも簡単に着せることが出来ました。

市販のワンピースだとほとんど私が着せないと難しいのでこれは助かる!

 

三女ちゃんも嬉しそうにりかちゃんを持っていきずっと遊んでいました。

ベビーミトンワンピを着たリカちゃん

 

あっという間に2着も出来て、傍でワクワクしながらみていた三女も喜んだので私も嬉しい。

 

指ありバージョンのミトンだとポケット付きワンピースが出来ます!

 

さて、もう1タイプ、親指ありのミトンがあったので親指部分ポケットにして同じようにワンピースにする方法。

ベビーミトン(親指部分付)画像

 

 

1 今回、生地が厚手なので襟元はV字、 袖は丸くカットします。サイドも縫い目に沿ってカット。

赤ちゃん用ミトンカット部分

 

 

2 親指を中に入れ込みましょう

 

3 切り開いたサイド部分に、マジックテープを布用ボンドでくっつけます。

見えにくいけど、サイド部分(白い箇所)にマジックテープを貼りつけました。

グレー部分にもつけた方がいいかもしれませんが、マジックテープのストックがなくなってしまったのでそのまま。

三女も気にしていないしま、いいか。

 

ということで、はい!おしまい!

 

ウエストマークをすればアレンジ可能で飽きないよ

 

このミトンはフリースで厚手だったので、ウエストが広がっていて微妙なのがイマイチ。。

 

ということで、

  • 使わなくなったヘアゴム
  • 切りっぱなしで簡単に出来るフェルト

を使ってリボンでウエストマークしてあげると華やかになりいい感じになりましたよ。

赤ちゃん用ミトンリメイクのリカちゃん服
ベビーミトンをリメイクしたワンピースを着たリカちゃん人形
  

刺繍がいいアクセントになっているので後ろ姿も撮っておきました。

 

 

即席で出来るものは子も一緒に喜べるのが嬉しいポイント

リカちゃん人形服は、はぎれで出来ますが、本格的なものを作ろうとすると時間も手間もかかります。

もう少し子が大きければ本格的な服を作ってあげたいんですが、なかなか優先順位からはずれてしまいます。

今回、作っている間、三姉妹とも傍で私が作るのを見守っていたのですが、途中から

 

「あのヘアゴム使ったらいいっちゃない!?」

「ポケットになるね」

 

など、どんどん提案してくれたのは長女と次女。

 

そう、ポケットアイデアは次女でした。

 

提案、というよりも普通につぶやいた言葉でしたがこれを聞いた私は目から鱗。

 

飛び出たミトンの飛び出た親指部分が邪魔だから切り離すつもりでいたのでした。

 

 

 

この子達が大きくなる頃にはAIが普通にいろんなことをやる時代になっているだろうから、常日頃から

 

”アイデアは人間だけしか出せないんだからどんどんアイデアを出せる人になってほしい”

 

と言い聞かせています。

 

 

作る作業はアイデアをどんどん引き出してくれるし、出来上がった時の達成感もあり、やっぱり手作りっていいな〜

 

って満足したのでした。

 

どなたかの参考になりますように

 

読んでくださってありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
節約ママクリエイターのalloallooui(アロアロウィ)です。 モノづくりが大好きなイラストレーター。 だが、今では家計を預かる主婦業、高齢出産で初産ののち、3人姉妹を子育て中の母親業を兼務することになり、節約×時短をテーマのモノづくりが多くなりました。 ママ目線でのアイデアをいれたモノづくり、育児を通しての気づきをアウトプットしていきます!
スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シンプル線画イラストレーターアロアロウィ , 2019 All Rights Reserved.