アロアロウィの「今日は何作ろ?」育児中につき

行楽シーズン到来!さが21世紀県民の森へ行ってきました2018

アバター
WRITER
 
県民の森駐車場にて家族写真
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
節約ママクリエイターのalloallooui(アロアロウィ)です。 モノづくりが大好きなイラストレーター。 だが、今では家計を預かる主婦業、高齢出産で初産ののち、3人姉妹を子育て中の母親業を兼務することになり、節約×時短をテーマのモノづくりが多くなりました。 ママ目線でのアイデアをいれたモノづくり、育児を通しての気づきをアウトプットしていきます!
Pocket

こんにちはアロアロウィです。

すっかり秋めいて過ごしやすくなってきました。

どこかに行きたいね、

ということで今回は家族(長女8歳、次女6歳、三女2歳)を連れて、『さが21世紀県民の森』に行ってきましたよ〜。

ここは3年前にも訪れた場所で、子連れの穴場スポットじゃないか、と自分の知り合いにオススメするくらいお気に入りの場所です。

3年経って変化している場所などもあったのでお伝えしたいと思います。

さが21世紀県民の森ってどんなところ?アクセス、駐車場は?

さが21世紀県民の森は、佐賀市富士町と三瀬にまたがる北山湖(ほくざん)一帯を整備した自然公園です。

北山湖はダムによって形成された人工湖なんだそうです。

このダムをぐるり一周囲んで、バーベキューを出来る、貸しボート、面白自転車を体験したり、アスレチック、サイクリングなど、レジャーを沢山もりもり楽しめます。

キャンプ場もあるのでそちらを利用されている方も多いようですね。

 

基本、車でのアクセスになります。三瀬トンネルから車で約5分、長崎自動車道佐賀大和ICから車で40分が目安のようです。

駐車場も20台くらいは(憶測)優に停められますよ。入場料も駐車代も無料です。

駐車場の木々も紅葉していて秋景色でした〜。
ただ、ダムの水量がだいぶ減っていて車から流れる湖の景色が随分違って見えました。

県民の森駐車場にて家族写真

駐車場に停めてすぐに目に入るのが【総合案内センターほおのき】です。

ほおのきのふくろうと一緒にパチリちなみに入り口の両端に木彫りのふくろうさんがあったので、パチリ〜。

私たちがついたのは10時。一番のりだったようで、早速おもしろ自転車を楽しみました。
案内看板に20分間300円との記載がありましたので、総合案内所、ほおのきの受付にて長女ちゃんと次女ちゃんの2人ぶんを払いました。
三女ちゃんは2歳なので乗れるかどうか案内の方に尋ねると、大人がついていれば大丈夫、乗れなかったらいけないので後払いで良いとのことです。

おもしろ自転車にのる長女と次女
結構大人がやっても難しいんです。長女ちゃんはなかなかコツがつかめず、途中で泣き出しました。

次女ちゃんはやれるまで頑張るタイプなので、コツを掴んでスイスイ楽しんでいました。

 

が、私たちの後からどんどん人が増えてきました。

多分誰も料金払っていないんじゃないかなあ。みなさん勝手に乗ってたから。。そこまで厳しく管理されていない様子です。。

 

ということで(?)私たち夫婦もいくつか変わった自転車に乗ってみました。

三女ちゃんを乗っけてべダルを踏むとかなりの運動になりました。

21世紀県民の森のおもしろ自転車三女ちゃん落ちそうなのに、絶対に降りたがらないの。

40代には答えるぜ、ふう。

 

 

次にボートに乗りました。

そうそう、3年前に来た時よりも明らかに水量が激減していました。

白鳥のボート3年前は、背景に見える茶色い土肌部分が見えず、森にある湖の雰囲気だったのに干あがっていて全然違うイメージになっちゃってる。

多分ボート乗り場も作り直された様子です。

21世紀県民の森ボート乗り場までの階段このボート乗り場までの階段がこんなに長かったなんて!3年前の記憶ではかなり短い階段でしたよ。ほんと、びっくり。ちょっと残念ですが仕方ない。

でもなんだかんだ、子供達はそんなこと覚えていないし、水鳥なんかもいて結構楽しめましたよ。ちょっと肌寒かったので、皆派羽織える上着を持って来ていたのは正解でした。

山の空気は涼しいですからね。

ちょっと曇りで風もあり、夫婦でふうふうペダルこぎに精を出しました。

子供達は好き勝手にハンドルを回すので舵取りがめちゃくちゃ。

  • 貸しボート30分 1,000円(ペダルボート)、500円(手漕ぎボート)

30分もすると三女ちゃんが飽きてきたようで、とりあえずランチをしにほおのきに戻ります。

この時間になると人もだいぶ増えてきましたが、レストランの混雑もありませんでした。

レストランほおのきでランチ

このランチが結構どれも美味しかったです。しかもデッキで森林の中で食べる気持ち良さも味わえました。

かまきり登場で娘たちはキャーキャー。隣の家族は尺取り虫にキャーキャーしていました。ははは。

 

お腹がいっぱいになったので駐車場から車移動して、次なるスポットへ。

アスレチックがある【ふれあいの森】へ向かいました。

こちらも駐車場が広く、駐車代は無料です。

駐車場から丸太でできた階段をのぼります。あざみの花が沢山咲いていましたよ。

木はいいなあ。はあはあ、とつぶやきながら登ります。子供達はどんどん登って行きます。

階段を登りきると、アスレチック広場があり、のびのびと子供達が駆け出して遊びました。

草が結構茂っていて足を踏み入れるごとにバッタがカタカタカタ…と飛んで行きます。

山のてっぺんにあるので勾配があってここの広場は本当に楽しい!次女ちゃんは意味もなく、

 

わーーー

 

って駆け出しました。野生児やね。

 

ネットブランコ、楽しそうですが、足元に水たまりがあって見ているだけでこちらはハラハラ。

もっと押して〜〜!ってしつこい。

三女ちゃんはこの緩やかな滑り台を何度も何度も滑りました。

 

次女ちゃんはネットトンネルの相当高いところもすいすい。長女ちゃんは、、高所恐怖症なので低いトンネルだけ頑張っていましたよ。 マウントネットの上を子供達がどんどん行きます。うちの子たちは怖がっていましたが、次女ちゃんは何とかお父さんと一緒に登って渡りました。

長女ちゃんはやっぱり怖がっていました。

ジェットローラー滑り台です。かなり長いです。3年前に旦那さんと長女ちゃんが滑った記憶があります。

ジェットローラー滑り台

お尻に敷くダンボールかなにかがないとズボンに穴が開くんじゃないかと思うほどガタガタなりますよ。

是非!ダンボールなど敷くものを持参することをおすすめします。

うちらは何も用意していなかったので今回は滑りませんでした。

 

次にサイクリングをしました。長女ちゃんも次女ちゃんも最近同時に自転車に乗れるようになったので、とても心待ちにしていたものです。

それぞれに好きな自転車を選びます。私は三女ちゃんと二人乗り。

ふれあいの森にあるサイクリング貸し出し自転車

  • レンタサイクル 大人350円 子供150円 後ろ子供のせ500円 前後ろ子供乗せ750円 タンデム750円

です。

そうそう、現在北山ダム改修工事(ダムサイド・ダム堰堤工事)の為

2018年10月1日~2019年3月31日までの予定期間一部立入禁止となり、通行することが出来なくなりました。

ということで本当だったらほおのきからレンタサイクルでダム周りを一周できるのが今回できなかったので、このふれあいの森のレンタサイクルスポットから立ち入り禁止区間までを往復することになりました。

21世紀県民の森のサイクリングロードここの橋から通行停めになっていました。残念、渡れたら気持ち良いだろうなあ。 途中たぬき出会い橋って名前があり、道路にこんな絵がありました。可愛いですね。

キャンプ場などもあり、吊り橋スポットもあるので自転車をとめて散策することもオススメです。

ちなみに3年前のこのキャンプ場での写真です。

水がたっぷりです。いまは干上がっていました。なんだか景色が違う。。

レンタサイクルの場所で発見した野生のいきものです。たぬき?ハクビシン??

 

サイクリングは高低があったり、トンネルが2箇所あったりして大自然の景色を味わえていい疲労感です。

21世紀県民の森サイクリングロード往復をし終えて時間はもう16時近くになっていました。

 

たっぷり遊んだので最後のお楽しみ、ソフトクリームを食べて帰路につきました。レストランほおのきでソフトクリーム食べる

散策途中、バッタや大きい蜘蛛や綺麗な木の実や、花があったりして自然観察もできます。
虫を捕まえるのが得意な次女ちゃんは虫嫌いの長女ちゃんに向かって虫を持って追い回していました。

大自然の中で体をたっぷり動かしたので子供達にとってもいい経験になったと思います。

  • バーベキュー 大人利用300円 子供150円 網一枚300円 炭1kg350円で貸し出しもあります。食材は一人前1,800円

こちらもいずれ、わいわい大勢で楽しむのもいいかも、と思いました。

参考になれば嬉しいです。

もう一度言いますが、山の天気は変わりやすいのでこの季節、半袖プラスはおりもの持参がオススメです。人混み嫌いな方、自然とふれあいたい方、季節のいい時に是非オススメですよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
節約ママクリエイターのalloallooui(アロアロウィ)です。 モノづくりが大好きなイラストレーター。 だが、今では家計を預かる主婦業、高齢出産で初産ののち、3人姉妹を子育て中の母親業を兼務することになり、節約×時短をテーマのモノづくりが多くなりました。 ママ目線でのアイデアをいれたモノづくり、育児を通しての気づきをアウトプットしていきます!
スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シンプル線画イラストレーターアロアロウィ , 2018 All Rights Reserved.