アロアロウィの「今日は何作ろ?」育児中につき

【弁当編】たったこれだけで喜んでくれるの?と思った事

アバター
WRITER
 
子供は弁当に果物が喜ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
節約ママクリエイターのalloallooui(アロアロウィ)です。 モノづくりが大好きなイラストレーター。 だが、今では家計を預かる主婦業、高齢出産で初産ののち、3人姉妹を子育て中の母親業を兼務することになり、節約×時短をテーマのモノづくりが多くなりました。 ママ目線でのアイデアをいれたモノづくり、育児を通しての気づきをアウトプットしていきます!
Pocket

こんにちは、節約主婦のアロアロウィです。さて、今日はお弁当作りについて思ったことです。

次女からの一言で気づいた行楽弁当で抜けていたこと

今度は何作ろうかな〜、毎度悩ましいです。色々考えるわりにはいつも時間がなくなって、おにぎり、卵焼き、唐揚げかミートボール(冷食)、緑のもの(ブロッコリー、スナップエンドウ、きゅうり)、ちーちく、ミニトマトにいきつくんですが。

近々遠足が控えていたので、

「今度の弁当なんしようか、ハンバーグ?唐揚げ?ミートボール?」と聞いた私に、次女ちゃんが言いました。

「ねえ、うちのお弁当って果物入ってないやん?みんなの弁当にはいっつも果物はいっとーとに」

私「あー、言われてみればそうね、じゃありんごかなんか入れておこうか。」

次女ちゃん「やった〜!」♪( ´θ`)ノ

ということで、遠足当日りんごとイチゴを小さいタッパーに入れたらもう大喜びでした。遠足から帰った次女ちゃん、満面の笑みで「果物たっくさん入ってたからめっちゃ嬉しかった」と。たっくさん、、入れてないのに可愛いなあ。それにしてもなぜ思いつかなかったんだろう。子供はキャラ弁が良かろうと、おにぎりに海苔で目と鼻と口つけた顔は必ず作ってたんだけどねえ。(本格的にできないのでそれくらいはしておこうくらいの程度。)キャラ弁顔だけ

この日は海苔のあまりを適当に切ったらおじさん顔になってしまいました。

 

そしてその後、今度は娘の園で運動会があったんです。で、その時、さなちゃんという女の子がトイレ待ちしている私に声かけをしてきました。

「ねえねえ、さなちゃんのおべんと、今日キウイが入ってるんだ〜」(^O^)/

とにこにこ笑顔で教えてくれました。

おおお、やっぱり子供は弁当に果物ってのは嬉しいんだねえ。ということで小学校の長女の遠足の日にはイチゴとバナナをいれました。するとやっぱり帰宅早々、

長女ちゃん「今日果物入ってたからお友達にみせたら、いいなーって言われたよ」

とまたまた喜びの声を聞けました。

子供は弁当に果物が喜ぶたて続けに子供3人から”弁当に果物嬉しいアピール”がきたので、子供にとって、お弁当に果物が入っているっていうことはこんなに嬉しいんだなあ、と、思った次第でした。

私のように、キャラ弁凝ることがあまり得意ではない方は果物を入れた方がいいですよ。(え、とっくにやってる?)それと普段はめったに食べないライチとか季節のフルーツとかだと尚更嬉しいしスペシャル感が出るようです。

ちなみに、私が小さい頃、うちの母は一つのお弁当箱におにぎりもおかずも果物もいれていて、甘ったるい汁がうつっていてあまり好きではなかったな、と思い出しました。

【時短×節約】旦那さんの弁当作りでやっていること

ちなみに旦那さんは自営です。現場によっては弁当じゃないと困るという場合があります。同じ現場が続く時は連日で弁当を作ることも多いです。

うちの三姉妹はまだまだ手がかかるので育児を兼ねて、なるべく弁当作りの負担は減らしたいところ。

なので

  • 前の日の晩御飯のおかずを弁当向きのおかずにして、多めに作る事
  • ハンバーグや鶏つくねなどを作る時は多めに作り、弁当用に冷凍しておく事
  • 卵の特売日に大量買い(1人1パックと制限があるので必ず子連れ買物です。)をして、卵焼きを大量に作り冷凍

自作の冷凍食品を作っておくという感じです。

冷凍する時は小分けしておいたり、卵焼きは切り分けて冷凍しておけば入れたい分だけ弁当にいれられるので手間どりません。よっぽど特別な条件でない限り、食べる頃には解凍されていますよ。

子供の離乳食の時に使っていた小分けパックを使って冷凍保存しています。

忙しい時は市販の冷凍食品ばかりになってしまいますが、それはそれでよし。でも子供たちが大きくなるにつれ、供子だけで遊んでくれる時間が増えて来たので、今だ!と思って台所にたってやっています。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
節約ママクリエイターのalloallooui(アロアロウィ)です。 モノづくりが大好きなイラストレーター。 だが、今では家計を預かる主婦業、高齢出産で初産ののち、3人姉妹を子育て中の母親業を兼務することになり、節約×時短をテーマのモノづくりが多くなりました。 ママ目線でのアイデアをいれたモノづくり、育児を通しての気づきをアウトプットしていきます!
スポンサーリンク



スポンサーリンク



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シンプル線画イラストレーターアロアロウィ , 2018 All Rights Reserved.